インフルエンザの予防法と治療法

今年も冬が近づいてきていますが、既に例年通りにインフルエンザの予防接種が各医療機関で実施されていますが、小児は2回接種が基本で、成人は1回接種なので時期的に多少の違いはありますが、既に済ませている方も多いと思います。

インフルエンザの予防には、手洗いやうがいを基本とした予防法や外出時のマスクの着用と日頃の生活習慣の改善が最も有効だと言えます。元々は風邪と呼ばれる疾患が重症化したような状態がインフルエンザになるので基本的な予防方法はさほど違いはありません。

しかしながら感染をしてしまうと重症化の危険も高い病気ですので、やはり予防接種を受ける事が最も望ましい予防方法になるのではないかといえます。費用がかかりますし、他の予防接種に比べると絶対に感染しないという訳ではない事から接種を控えてしまう方も多いようですが、やはり予防接種をした事で仮に感染をしてしまっても軽度ですむ事も報告されているので、必要な予防方法だといえます。

インフルエンザに感染をしてしまった場合には、基本的には対症療法でも完治が望めますが、いくつかの薬を利用する事で、軽度ですんだり、数日早く症状が治まる傾向があるのが特徴です。

最も知名度が高いのがタミフルと呼ばれている薬で、インフルエンザウイルスの増殖を防ぐのが目的の薬です。発症から48時間以内に服用をする事で効果が期待できるので、48時間以上経った患者さんの場合には効果が殆ど期待ができません。タミフルの服用による異常行動などでも話題になった薬ですが、現時点で解明されている事は、インフルエンザそのものによる異常行動の可能性が高いという事になっています。

リレンザは吸入薬で、1日に2回の吸入で5日間継続する事が基本の薬になります。吸入薬の特徴でもある気道への効果が期待できるので、インフルエンザウイルスが喉での増殖を好む事から効果が期待できる薬になっています。

イナビルは、リレンザと同様に経口薬になっていますが、1回だけの吸入で完了する事から患者への負担は軽くなりますが、しっかりと吸入をする必要があるので、できるだけ医師や看護師のいる医療機関での吸入をおすすめします。

その他にも、経口薬や吸入が難しい患者さんの場合には、ラピアクタという点滴約やシンメトレルという経口薬が存在しますが、日本では後者はインフルエンザには利用されていません。

多くの場合にはこれらの薬を医師の処方により服用または吸入をして、ウイルスの増加を防ぐ事を目的とした治療を行いながら、それぞれの症状に対する対症療法を行う事で数日から1週間程度で回復に向かうのがインフルエンザの特徴と治療方法になります。

どちらにしでも、現在で最も効果の期待できる予防方法は予防接種を行う事が重症化を防ぐためにも有効な手段だといえます。