はちまるにいまるうんどう

「はちまるにいまるうんどう」

すぐに、意味がわかったでしょうか?ひらがなで、すべて表記すると、わかりにくいですよね。

「8020運動」は、日本歯科医師会が主に啓発を行っている活動で、いつまでもおいしいものを食べ続けるための元気な歯は、日々の手入からと、80歳になっても20本以上の歯を保とうという運動です。

口腔内を健康に保つこと、歯を丈夫に保つことは生活の質の向上につながります。家族の付き添いで病院の待合室で、時間を潰していると、聞こえてくるのが、入れ歯の問題です。

入れ歯も、部分入れ歯の方が多く、どの先生が良かった、あそこでは、いまいち合わなかった、これを食べたら歯茎が痛くてとか、いろいろ課題があるようで、初対面の方ながら、「あなた、若いのにどこが悪いの?」と、心配してくださって、バナナをいただきました。

「歯の具合が悪いと、柔らかいものしか食べれなくて」60歳くらいのご婦人方でしたが、他人ごとではありません。おいしいものが、思うように食べれないのは、ストレスが溜まりそうですもの。

なんとなく、会話にはまりながら、口臭とかも気になるし、お孫さんやお子さんに、入れ歯を水に浸していたり、洗浄したり、外す姿が、気持ち悪がられるらしく、なかなか気を使うものだそうです。

私は、成人後に歯列矯正をしたのですが、自分の健康な、まだまだ働ける歯を抜くということに、とても抵抗があったので、矯正に踏み切るまでかなり悩みました。歯は、戻せないので。

なので、矯正後の残った歯を磨い大事に手入れして付き合っていこうと思っています。